独身男の倹約日記

のんびり日常について書いています

ブックオフの店頭買取と宅配買取を実際に売って比較してみた(店頭買取編)

 

こんばんは

こうや豆腐です。

 

今回のトピックは

読書好き必見!

ブックオフの店頭買取と宅配買取を実際に売って比較してみた

 でございます。

 

 

週末は特にすることがないのでもっぱらブックオフで安い本を漁り

家でごろごろしながら読んでます。

 

いらない本は捨てるのはもったいないので

店頭買取と宅配買取で比較して売ってみたいと思います。

 

 

対象とするのはブックオフで買った

 

200円の本 4冊

f:id:kouyadouhu-lover:20180709204121j:plain

 

 

 

100円の本 5冊

f:id:kouyadouhu-lover:20180709204128j:plain

 

価格の差ですが

100円の本は2010年以前のものが多く、

その逆が200円以上な感じでした。

※今回の対象とする本のレビューも次回に載せるつもりです!

 

宅配買取は査定後に売らない場合は、返送料は自己負担になりますので

まずは最寄りのブックオフで店頭買取に行ってきました。

 

 

 査定して貰うのに掛かった時間は混んでなかったので5分くらい

店頭買取の査定結果は……

 

 

 

f:id:kouyadouhu-lover:20180709204734j:plain

 

 

査定価格は買取価格20%アップキャンペーンで90円!!!

キャンペーンじゃなかったら75円!

思ってたより悪くないんやん!

 

 

新書が1冊24円で買い取りはありがたい!

100円で買ったので単純に24%の還元率ですので

新書は定価が安くても高く買い取って貰えます。

 

 

 

 

店頭買取の感想としては

 

購入価格が1300円に対して買取価格が90円なので還元率は7%

 

調べてみるとブックオフさんは新しい本はあまり良い値段で買い取って貰えず

逆に比較的古い本でも買い取って貰えるので

 

「こんな本売れんやろ…」

と思っていても買取査定だけはやるべきですね。

 

 

長くなるので次回は宅配価格について書きます!

 

以上!