独身男の倹約日記

のんびり日常について書いています

10円しか価値のない本のレビュー(9冊で…)

 

こんばんは

こうや豆腐です。

 

前回ブックオフで買って(100〜200円/冊)

ブックオフで売った本を簡潔にレビューしてみよう思います(10円/9冊)

 

前回の記事はこれ↓↓

 

www.ko-yadouhu.com

www.ko-yadouhu.com

 

まぁこんな感じでアマゾンさんと楽天さんからアフェリエイト承認が出るまでは

テキトーに書いていきます!!

 

 

 

 

1.「それでも会社を辞めますか?」 

多田文明

評価 

★☆☆☆ 

ほぼ10年前の本(2009年初版)

何人かの40代で転職した人の失敗や成功した事例を書いた本です。

どちらか言うと失敗談のが多いので40代で転職することに関して厳しい意見が多いです。

著者自体も転職を経験しているので30代後半、40代の方にはおすすめしますが

20代は読み応えがないように感じます…

 

 

 

 

 

2.「あたりまえだけどなかなかできない25歳からのルール」

吉山勇樹

評価 

★★☆☆ 

これもほぼ10年前の本(2009年初版)

25歳から気をつけておきたい100個のルールを書いてます。

1つのルールが2ページで終わるのでとても読みやすく軽く読めるので読書初心者の方におすすめの啓発本です。

ただどの啓発本にも書いているような本なので独創的ではないので啓発本をよく読む人からすると退屈すると思います。

てかしょーみ25歳からじゃなくて社会人になる歳からで良いと思う

 

あたりまえだけどなかなかできない 25歳からのルール (アスカビジネス)

あたりまえだけどなかなかできない 25歳からのルール (アスカビジネス)

 

 

 

 

 

 

3.「フリーのカラクリ」

キーワード101

評価

★☆☆☆ 

2010年初版

世の中のビジネスモデルについてと知っていると為になることが書いてます

内容が少し古いので今となっては誰もが知っている事を書いてます

ブックオフに50円で置いてても買わないかな

 

 

[図解]フリーのからくり (Kobunsha Paperbacks Business)

[図解]フリーのからくり (Kobunsha Paperbacks Business)

 

 

 

 

 

 

4.「餃子屋と高級フレンチではどちらが儲かるか?」

林 總

2006年初版

評価

★★★★ 

急逝した社長の娘さんが会社を再建する為にコンサルタントに実例を通して

アドバイスを貰う話です。

すごくわかりやすく会計の仕組みを書いているので

経営学が好きじゃない人でも楽しく読めます

 

 

餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか? (PHP文庫)

餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか? (PHP文庫)

 

 

 

 

 

 

5.「この一冊で考える力話す力が面白いほど身につく」

知的生活追跡班 

2009年初版

評価

★★★☆

ビジネスパーソンとして必要な考える力と話す力の基礎を鍛える本です。

これも1つの話題に対して2ページほどで書いてある為、読みやすい点と

10年前のものであるが内容としては現在でも役に立つことが書いてあるので

おすすめです。

 

 

図解1分ドリル この一冊で「考える力」と「話す力」が面白いほど身につく! (青春新書PLAY BOOKS)

図解1分ドリル この一冊で「考える力」と「話す力」が面白いほど身につく! (青春新書PLAY BOOKS)

 

 

 

 

 

 

6.「スタバではグランデを買え」

吉本佳生

 2007年初版

評価

★★☆☆

スタバのコーヒーサイズがどれが一番お得か、なぜ家電量販店が同業者の隣や近くに店を構えるのかなど様々なことに経済学の視点で書いているものです。

物の付加価値について詳しく書いているので為にはなりますが

所々、古い情報が入っているところが残念です。

 

 

 

スタバではグランデを買え!―価格と生活の経済学 (ちくま文庫)

スタバではグランデを買え!―価格と生活の経済学 (ちくま文庫)

 

 

 

 

 

 

7.「脳を活かす勉強法」

茂木健一郎

2007年初版

評価

★★★☆

どうすれば集中して勉強に取り組めるのかを著者自身が行った方法を説明しています。

記憶する為には単に量をこなすのではなく脳が情報を記憶する時のメカニズムを知ることなど、脳について勉強になります。

子供ができたら読ましてあげたい本ですね

 

 

脳を活かす勉強法 (PHP文庫)

脳を活かす勉強法 (PHP文庫)

 

 

 

 

 

 

 

8.「自分を磨く働き方」

安田佳生

2016年初版

評価

★★☆☆

会社を倒産させた社長であった著者がなぜ倒産したのか、社長じゃなくなってから気づいたことを書いている本です。

前半は起業してる向けの内容ですが後半の内容が面白かったです。

例えば「食べてはいけないものを食べるのが料理」「1年間財布を持たずに生き抜いたフランス人女性」についてなど人間とう言う生き物がどう言うものかを書いている

ので興味があればおすすめです。

 

 

自分を磨く働き方

自分を磨く働き方

 

 

 

 

 

 

 

9.「32歳までに知らないとヤバイお金の話」

岡崎充輝

2011年初版

評価

★★☆☆

なぜ32歳なのかは本に書いてますので読んでください。

税金から医療保険、住宅ローンやギャンブルなどの誰もが通る道について書いています。

医療保険の仕組みや宝くじの配当率を知ったら

やらしい稼ぎ方してるなーって思っちゃいます。

7年前のものなので古い情報があり現在の金額とは違う箇所が多々ありますが

基本的に仕組みは変わらないので200円くらいでならおすすめします。

 

 

 

32歳までに知らないとヤバイお金の話

32歳までに知らないとヤバイお金の話

 

 

 

 

 

以上!