木工家への道〜たまーに日常的な事

前職を辞め、令和から家具職人への道を選ぶ。たまに日常についても書きます

ネットを参考に海外旅行の持ち物使用してわかったこと

 


 

こんばんは

 

こうや豆腐です。

 

 

前回のブログでオーストラリア へ旅行に行った事を書いたのですが

その後に、タイとカンボジアも観光しました。

 

1ヶ月間の格安旅行だったので機内持ち込みの7kg未満のバックパックで生活した中で、

サイトに書いてある海外旅行の持ち物についてと

それを経て、次に海外旅行に行くなら何を持って行くかを書いていければと思います。

 

参考にした持ち物サイト

sekaishinbun.net

なぜこのサイトを選んだかと言うと

 

内容に無駄がない

世界一周の持ち物を参考にしたら何が起こっても問題ない

 

と思ったので利用しました。

 

実際に持って行った物:カバン編


f:id:kouyadouhu-lover:20190421082434j:plain

 

右:karrimor shadow 18

左:吉田カバンのLaggage Label

 

 2つの用途としては

吉田カバンの方はカメラとデバイス関係

その他のものはkarrimorのリュックに入れてました。

 

吉田カバンは撮影したい時にすぐにカメラを取り出せないので次回は持っていきません

 

実際に持って行った物:中身編

4つの写真を載せていきますが全て旅行から帰ってきた後の写真のため

出国時の荷物ではないので増えた物についても書いていきます。

 

この中で必要じゃないと思ったものは赤文字にしています。

 

f:id:kouyadouhu-lover:20190510221354j:plain

サングラス

サングラスはオーストラリアでは必須ですし、カンボジアもタイも地方でトゥクトゥクに乗る時は粉塵が凄いですし使用していました。

Mac

MacのProなので重たいのでお金に余裕があればAirを持っていきますね

カメラキット

このサイズの半分でも良かったと後悔しています

鉛筆削り

スケッチ用の鉛筆削りに使っていましたがお土産代わりに持ち帰ってきました。

サイズも大きめなので次の旅行では持っていきません。使い勝手も悪いので飾り用です

 

 

f:id:kouyadouhu-lover:20190510221422j:plain

パチモンのThe North Face

値段交渉がしたくて買ったんですが必要ないので後悔してます。 

サーフィンセット

オーストラリアの1番の目的であるサーフィンの道具です。

タッパとリーシュは現地の方が安く購入できるので現地購入

 小袋

着終わった服を洗濯する為の袋に使ったり、サンダルの収納袋に使ってました

18Lのリュックなので圧縮袋は必須です

 

f:id:kouyadouhu-lover:20190510221624j:plain

ハンカチ

たまにおしゃれで首に巻いたり胸ポケットに入れてましたが

次行くなら持っていきません

携帯バッテリー

私の携帯はバッテリーの減りが異常なので必須

ケーブルロック

盗難防止で必須

G-shock

時差の変更が容易なのと、サーフィン中につけたままで使用していました。

Amazon Fire Tablet

プライム会員なのでタブレットで本も何冊読めるのと、

映画も年会費のみなのでおすすめです。

 

f:id:kouyadouhu-lover:20190510221648j:plain

Tシャツ3枚

毎日洗濯するなら2枚でいけると思いますが友達から貰ったので3枚になりました。

短パン

短パンは1枚ですがこれとは別に海パンが1枚あってその2つの交互に履いてました。

靴下・下着3

靴下は1足あれば問題ないです

サーフィンをするので1つは海パンの下に履いていたのですぐ濡れるので3枚は必須

手拭い2

手拭いはタオル代わりに持って行ったのですが

コンパクトで真夏なら2時間あれば乾くくらいの速乾力

タオルだけではなくハンカチ代わりにもなりますし重宝しました。 

まとめ

基本的にはサイトに書いてあったもので不自由はなく、

サイトを参考にして良かったです。

 

ただ次に行くなら、

服は着ているものだけしか持っていかず、現地で購入し、

お土産代わりに服を購入しようと思います。

今週のお題「母の日」

あと一番困ったのはカバンのサイズで18Lは余りにも、物が入らないので

次回海外旅行に行く際は軽くて容量も多いものを持っていこうと思います。

 

以上