木工家への道〜たまーに日常的な事

前職を辞め、令和から家具職人への道を選ぶ。たまに日常についても書きます

Sinnの本店に行ってきました(アクセス・店内編) ※4年前くらい

 

こんばんは

 

こうや豆腐です

 

 

 

今回はNomosのブログで少し書いたように

Sinnも大好きなので

4年前くらいにドイツの本店を訪問した時の内容を

シェアできたら良いなと思います。

 

  

 

ドイツの本店まで訪問する理由とは

なんでわざわざドイツまで行くのか

 

理由としては4つあって

 

1.Sinnが好きだから実際に本店に行く事で

どんな社風なのか、Sinnの職人、店員さんと話す事で

Sinnをより知れるんじゃないかと思ったから

 

2.Sinnの新しい時計を買いたかったから

国内で買うよりも少し安く買えるので良いものがあれば購入しようと思いました

新しく購入したその時計(U2)については別で後日作成します。

 

3.大学の卒業旅行でアイスランドに行きたかったので

経由地点のドイツに寄る機会が多かったから

 

4.10年近くオーバーホールしてない556をオーバーホールしたかったのと

革バンドを使っていたのでステンレスバンドもついでに買いたかったから

 

Sinn本店

 

まず本店について書く前に

書かないといけない事があります

 

それは…

2017年にSinnは違う場所に新社屋に本店が引っ越ししました!

つまり私が訪問した場所はなくなっているとの事です!

 

実際、ブログを書くまでは新社屋については全く知らず

結構ショックでした…

(確かにアクセスも良くないし、ちょっと古いイメージはありました)

 

それについて書いてあるブログを見つけましたので貼り付けしておきます

2017 Sinnファクトリーツアー・フランクフルト編3(建築中の新社屋と共に) | JEWELRY&WATCH GraL Blog

 

まぁ今回は4年前である事をご了承して頂いて書きます。

 

 

では行き方ですが

Frankfurt Rödelheim駅から徒歩10分ほどで着く予定だったのですが

インターネットなしなのでスクショした地図を見ながら

30分くらい彷徨っていました(笑)

ちなみにその時に利用した地図↓

f:id:kouyadouhu-lover:20190116054501p:plain

レーデルハイムは素朴な町なので駅自体も小さく

閑散とした町でした。

 

やっとSinnの看板を見つけ

f:id:kouyadouhu-lover:20190113170913j:plain

 

 

ほんと海外って車停め放題ですね(笑)

住宅地域にぽつんとSinnがあるのですが

どれかわかりますか?

f:id:kouyadouhu-lover:20190116055020p:plain

 

近づくと右側にSinnらしき建物が…

f:id:kouyadouhu-lover:20190116055138p:plain

 

これがSinnの元本店です!

f:id:kouyadouhu-lover:20190116055331p:plain

 

コンビニ2店舗分くらいの面積に3階建ての建物でした。

日本まで認知度がある本店らしからぬサイズ感

こういう所がよりSinnを好きになるんですよねー

 

本店は 

1階はオーバーホールなどのカスタマーサービスなどを受け付けており

2階は実際に作業してる場所でした。

3階はSinnの歴史や直販をしていました。

 

 

写真をもっと撮っとけばとすごく後悔していますが

過ぎてしまった事は仕方ない

 

 

本店入ってすぐの受付

f:id:kouyadouhu-lover:20190113170923j:plain

3階の直販ルームには気になる商品ぞろぞろありました!

 

f:id:kouyadouhu-lover:20190113170933j:plain

水槽にUXが入ってましたね

さすがのSinnの防水性

f:id:kouyadouhu-lover:20190113170927j:plain

水槽に反射して受付台が見えますね

ここでU2を購入しました

まとめ

 ドイツ観光で初日にSinnに行きオーバーホールをしてから

興味のある時計を物色して一度考えてから

最終日にまたSinnに行き、時計を購入したので

合計2回行ったのですが、大きな公園が近くにあり

森林が多く、落ち着ける町に本店があったので

 

行くまでの道も楽しかった思い出があります。

 

HPを確認しても私が訪問した元本店の住所が表記されてなかったので

もう建物がなくなってるかもしれませんが

 

またドイツに行くときは観光した町でした。

 

以上!